肌色は別に決まった色じゃないよ

肌色は別に決まった色じゃないよ

おすすめサイト

▶薄だいだい色:色鉛筆やクレヨンから「肌色」が消えた?いつから呼び方が変わった? | 雑記ちゃんねる (roudouhelp.me)
▶肌色や肌の色は英語で何という?:記事元(Weblio英会話)
▶J&J 美白化粧品販売中止を決定:記事元(日経新聞)
▶参考:Q. 動物や植物にある黒色色素は何?:A. メラニン
▶︎[参考]価値観を変えるのは今日から:老いる前に悪習はやめましょう[老害予防]

若い人は肌色って言葉、使いませんよ

皆様、肌色と聞いて何色を想像するでしょうか。
「どの色を指してるか分からない」と答えたあなた、日本の人口分布においては若い人に分類されると思います。
実際、色彩を区別するのが苦手ではない方は、「人それぞれでしょ」と判断するのは難くないでしょう。
しかし、2000年以前の話、肌色=薄だいだい色として判断されていました。
それは、今よりも考えが画一的な時代、多様性という価値観があまり世間に根付いていない頃のお話です。
しかし、現代の中で、その価値観はもう時代に即しておりません。
同じ人種であってもであっても肌の色は、「人それぞれ」で、
黒色の中でも茶に近い黒色や、それよりも黒い色など、さまざまです。
黄色であっても、白に近い黄色や、褐色に近い黄色など、さまざまです。
肌の色は、「人それぞれ」なのです。

肌色は別に決まった色じゃないよ

—-以下、追記—-

Twitterのコメント

※他人事として捉えている人ほど、視野が狭かったり、無意識に差別しているコメントが多かったので、今回は健康なコメントのみ記載いたします。

大人の学び直し/教養カテゴリの最新記事