身体壊してまで働く仕事なんかないよ

身体壊してまで働く仕事なんかないよ

おすすめサイト

▶専門性の棲み分けができないと評価があいまいになる:日本>経営者、社員に恨まれてます<生産性
▶真面目な人ほど都合よくつかわれます:仕事に真面目な人が損をする理由【損しない方法も紹介】 (shigeblog64.com)
▶失業手当は最短90日です、勘違いしないように:失業手当 失業保険 (sittoku-f2.com)
▶身体を壊してまで働くという危なさに関するおすすめ記事:体を壊してまで働くとどうなるの?? | m-job エムジョブ (makejob.site)
▶病んで辞めてしまった人が話すおすすめの動画:【お金では買えない豊かさ】身体壊してまで働く意味って何?病んで引きこもりだった/仕事のためだけに生きるのは辞めました!収入減でもあえて頑張らないと決めた理由 – YouTube

おすすめの本

▶生ぬるい働き方改革へのオールスター論破祭!:ひろゆき「働き方 完全無双」
▶最後に勝つのは、自分に甘い人!:なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23
▶人間関係、仕事内容、業務過多等で悩んでませんか?:心療内科通院者の助言:産業医に相談して

—-以下、本文—-

壊すのは容易く、治すのは大変

あなたは壊れてまで、働く理由は何ですか。
治療費もかかる、通院だって、お薬代だって馬鹿になりません。
心身が健康でないと、どんなに優秀でも本来の力を発揮することはできません。
代替されることを恐れているかもしれませんが、世の中の大半の仕事は代替可能です。
私もあなたも、託された人間はそれなり上手くやってくれる or 誰がやっても心身を壊してしまう内容
ということです。
あなたは、何のために生きているのか
少なくても、笑いたいのに笑えないという状況で、無理をする必要はありません。
失業手当に頼ってしばらくのんびりしてみてください。

他人を許すことと自分を許すことは表裏一体

—-以下、追記—-

Twitterのコメント

身体は心が操作できる機械ではありません。
心が無理をしてるということは、身体が無理をしてるということでもあり、
身体が無理をしてるということは、心が無理をしてるということでもあります。
どうか自分を一番大切にしてあげてくださいね。

仕事/将来/転職カテゴリの最新記事