酒飲めない人が会社の飲み会で大損する話

酒飲めない人が会社の飲み会で大損する話

–以下、おすすめ–

▶︎飲みニケーションはコロナ禍で衰退:コロナ禍を経て、「飲みニケーション」はいよいよ絶滅する?:日経ビジネス電子版 (nikkei.com)
▶︎日本生命のアンケートで6割が不要と回答:飲みニケーション、「不要」6割 コロナで意識変化: 日本経済新聞 (nikkei.com)

▶︎3年離職率が1%未満の企業の上司(理想の上司)再現動画:3年以内離職率が1%未満の企業の上司【上司あるある】 – YouTube

▶︎日本の経営者、上司とはあくまで仕事上の関係ですので:日本>経営者、社員に恨まれてます<生産性

–以下、本編–

飲みニケーションは気を良くした上司だけwinneer、その他はloser

飲みニケーションを私は忌み嫌う。以下の4つが特に理由である。

  • 飲めない人間も勘定はなぜか割り勘で、お酒を飲む社員の分も多く支払っている
  • 上司の全く為にならない話に対しても相槌を打つことで気を遣う
  • 業務時間外に仕事の延長戦上の話をしていてプライベートとは思えない
  • 上司の若い頃ブイブイ言わせてた(第三者へのセクハラ)話を聞かされて精神的に疲弊する

コミュニケーション不足は業務時間内で補填しろ

私は日々感じています。

「そもそも、業務時間内に足りてないコミュニケーションを業務時間外でってのはどうなのよ。」
「いきなり上司の気まぐれで飲み会に誘われた時、断ったことはあるが毎回は断れないのよ。」

私自身も足りてないという実感と足りてないという上司の不安は伝わってくるので。
上司と仲良くなりたいというわけでなく、実務で困った時の手助けの回数が変動するんですよ。。

会社も悪いが、せめて誘うならラーメンとか手短にしてほしい

大して食事もできず、飲めない上に割高で割り勘させられる。
誰のための飲み会なのか全くわからない。

上司は「コミュニケーションを図るためだよ?」と言う
意味は理解してるし、円滑な方が困った時は助かると思う。
ただ、業務時間外に時間を割いてるのだから、大損はさせないでほしい。

せめて「この後レストランとかどう?」「この後ラーメンとかどう」
みたいな手短で済むものにして、お酒は飲みたい人が各々で仲の良い人と勝手に飲んでほしい。

仕事/将来/転職カテゴリの最新記事