風邪、副反応>早く寝るor 熱下げる方法

風邪、副反応>早く寝るor 熱下げる方法

–以下、おすすめサイト–

▶︎快眠のために気をつけること:快眠と生活習慣 | e-ヘルスネット(厚生労働省) (mhlw.go.jp)
▶︎もしかしたらその微熱と倦怠感は心因性かも:心療内科通院者の助言:産業医に相談して

–以下、本編–

目次

1.暖かい格好をしよう

いつもの就寝時の格好よりも暖かくしよう(外に出ていくような羽織を身に着けておこう)

マフラーやネックウォーマーで首元を冷やさないようにしよう

寒いと感じれば、いくら眠たくても服や掛け布団等を取り出す作業を怠らないようにしよう

2.飲食に気を付けよう

すぐに食べられる食事を冷蔵庫や冷凍庫に入れておこう

水分を多く接種して、老廃物を外に出そう(できればポカリやアクエリアスなどが望ましい)

サプリメントや滋養強壮ドリンクで栄養を補完できるようにしよう

歯磨きの手間がかかる or 虫歯になりやすいものはできれば避けよう

好物を食べることを我慢しないようにしよう(※難消化性の食べ物は望ましくない..)

3.快眠に向けた準備をしよう

アイマスクを使用して視界を暗くしよう

冷えピタ等で、頭の熱や頭痛を緩和しよう

部屋の暗さ、温度、湿度を設定するリモコンは手元に置いておこう

眠れないことを想定し、睡眠に対し余裕を持ったタイムスケジュールを組み立てよう

症状があるときは、躊躇わずに薬を服用しよう

4.眠れないときの耳のお供を用意しよう

ASMR動画やラジオ動画など騒々しくないお供を用意しよう

可能であれば、イヤホンは有線ではなく無線を用意しておこう

いつものよく寝れる再生リストを作成しておこう

5.その他

可能であれば、湯船に浸かって体を温めよう

可能であれば、お風呂の際には全身を洗うようにしよう

髪の毛をドライヤーできちんと乾かそう

明日のことは考えなくていいように、事前の準備をしておこう

生活ハック/便利商品カテゴリの最新記事